地産地消レシピ|岐阜県|清流の国ぎふ地産地消めぐり

recipe

岐阜県の食材を楽しめるレシピを紹介しています。
ぜひ、ご家庭でご賞味ください。

 

地産地消レシピ

栗おこわ

栗は栄養の吸収を促し、血の巡りをよくして身体を元気にしてくれる食材です。
腎の老化によっておこる、 老人性の腰痛や筋肉の衰えにも効果があると言われ少しずつ食べる事でアンチエイジング効果が期待できます。

材料(2合分)

150g
もち米 2合分
大2
昆布 5 ~10cm
小1

レシピ発案:薬膳師 後藤香陽子先生(一般社団法人 ぎふおウチごはん協会)

作り方

  1. もち米は洗って一晩水に浸しておく。炊く30分前に水を切る
  2. 炊飯器に、1と酒、塩、分量の水を入れ、栗と昆布をのせて炊く。
地産地消レシピ

柿と奥美濃古地鶏の八角煮

ウイルスや細菌から身体を守る八角と鶏肉との組み合わせは、気を補い血行を良くするため 美肌作りになります。

材料(2人分)

1/2 個
鶏肉 1枚
八角 1 個
大1
砂糖 大1
しょうゆ 大1
塩麹 大1

レシピ発案:薬膳師 後藤香陽子先生(一般社団法人 ぎふおウチごはん協会)

作り方

  1. 鶏肉を一口大に切る
  2. 柿をお好みの太さのくし切りにする
  3. 鶏肉をフライパンで焼き、皮にこげめをつける
  4. 鶏肉が被るくらい水を入れ、柿、八角と調味料を入れ、煮込む
地産地消レシピ

レンコンと豚肉の炊込みご飯

飛騨旨豚は飼育の段階から、抗生物質を使用せず、安心安全に召し上がって頂けます。
腎を養って精力を高める事でエネルギーをつけ体力回復や虚弱体質の改善に効果的です。
体内熱を冷まし、身体に潤いを与えるレンコンと豚肉の組み合わせは、消化促進で身体のバランスを整えます。

材料(3合分)

レンコン 100g
飛騨旨豚バラ肉 70g
★酒 大 1.5
★醤油 大 1.5
★みりん 大1
★塩 大1
大葉 少々

レシピ発案:薬膳師 後藤香陽子先生(一般社団法人 ぎふおウチごはん協会)

作り方

  1. レンコンは薄いいちょう切りに、豚肉は細かく刻む
  2. お米を洗い、★を入れ軽く混ぜ、1を入れる
  3. 分量の水を入れ、炊く
  4. 炊けたら器に盛り、千切りにした大葉をのせる
地産地消レシピ

小松菜と豚肉スープ

冬野菜の代表野菜小松菜。
主に岐阜県神戸町のハウスで栽培され、あくが少なく、味にくせがないのが特徴です。ビタミン類やミネラルなど、どれも豊富で非常に栄養価の高い野菜です。
抗発がん作用で知られるβ-カロテンのほか、カルシウムや鉄分はほうれん草よりも多く含まれています。 身体を温めるスープで風邪を引きにくく、 丈夫な身体にします。

材料(2人分)

小松菜 130g
肩ロース 100g
400ml
しょうゆ 小1
鶏ガラスープの素 小1
ヨーグルト 適量

レシピ発案:薬膳師 後藤香陽子先生(一般社団法人 ぎふおウチごはん協会)

作り方

  1. 豚肩ロースを食べやすい大きさに切り、ヨーグルトに30分漬け込む。 
  2. 小松菜は根本を切り落とし、2cm幅に切る。
  3. 豚肩ロースの漬け込んだヨーグルトを洗い流す。
  4. 鍋で3と2を炒める。
  5. 4に水と、しょうゆ、鶏ガラスープの素を入れ10分煮込む。
地産地消レシピ

柿と生ハムの前菜

材料(作りやすい分量)

1個
生ハム 8枚
クリームチーズ 40g
粗挽き胡椒 少々

レシピ発案:管理栄養士 馬場美穂先生(一般社団法人 ぎふおウチごはん協会) 

作り方

  1. 柿は皮をむき8等分・クリームチーズも8等分にする。
  2. 生ハムで巻き、粗挽き胡椒をふる。
地産地消レシピ

柿ぷりん

柿のペクチンと牛乳のカルシウムの化学反応で
かたまる不思議なぷりん
柿は完熟柿、牛乳を使用してね

材料(作りやすい分量)

200g
牛乳 100g
砂糖 大1
バニラエッセンス 少々

レシピ発案:管理栄養士 馬場美穂先生(一般社団法人 ぎふおウチごはん協会) 

作り方

  1. 柿をむいて、くし切りにしてタネをとる。
  2. 1回目ミキサーorブレンダーで混ぜる。
  3. 牛乳・砂糖・バニラエッセンスを入れる。
  4. 2回目ミキサーorブレンダーで混ぜる。
  5. 容器に入れて冷やす。
地産地消レシピ

鮎の炊き込みごはん

消化器系に良いお米は元気の源。大昔から米を主食にしてきました。
そしてもう一つ元気な身体作りには、良質なたんぱく質が必須です。
良質なたんぱく質である白身の「鮎」。
鮎は体内の湿気を取ってくれる働きも持っています。
梅雨や夏場の季節に良い、消化器の働きをよくする組み合わせです。

材料(2合分)

2合
焼き鮎 2尾
乾燥昆布 5cm
★酒 大2
★しょうゆ 小2
★みりん 小1
★塩 小1
大葉(飾り用) 2枚

レシピ発案:薬膳師 後藤香陽子先生(一般社団法人 ぎふおウチごはん協会)

作り方

  1. 米2合をとぐ
  2. 炊飯器に米と★調味料を入れる
  3. 2合の分量まで水を入れ、その上に昆布、鮎を置いて炊く
  4. 炊きあがったら、鮎をほぐしご飯に混ぜる
  5. 大葉をのせる
地産地消レシピ

大根と豚バラ肉の煮物

豚バラ・大根を使用して消化がよく、ほっこり食べれます。

材料(2人分)

ごま油 大1
豚バラ薄切り 150g~200g
大根 300gくらい
人参 50g
しょうゆ 大1と1/2
酒大 大1と1/2
砂糖 大1
みりん 大1
生姜 針生姜少々
絹さや(青菜など) 飾り用

レシピ発案:栄養士 大野はる奈先生(一般社団法人 ぎふおウチごはん協会)

作り方

  1. 大根は皮をむいて長めの乱切り、透明になるまで下ゆでます。
    人参も長めの乱切りにして下ゆでをすします。
    *どういう形でもいいよ、細長い乱切りの方が箸で取りやすいです
  2. 豚バラ肉は3~4cmに切っておきます。
  3. 鍋にサラダ油を引いて針生姜を炒め取り出します。次に豚バラを炒めます。
    肉の色が変わったら1の野菜を入れて水を全体が隠れるくらい入れます。
  4. 沸騰したら調味料(砂糖、みりん、酒、しょう油)を入れて大根の色が変わるまで10分から15分煮ます。

*塩分が気になる方は調味料を半分にします。味が足りない時は煮汁にトロミをつけてかけましょう。

≪栄養≫
カロリー 679kal
タンパク質 40.5g
食物繊維 5.7g
食塩 4.2g
地産地消レシピ

里いも餅

箸でも、手掴みでも食べられます。
おかずにも、おやつにも、腹持ちが良いんです。

材料(団子3個分)

里芋 4個
片栗粉 大1
少々
バター 適量
しょうゆ 適量

レシピ発案:栄養士 大野はる奈先生(一般社団法人 ぎふおウチごはん協会)

作り方

  1. 里芋は皮をむき、小さめの乱切りにして蒸す。(レンジで茹でても可)冷凍の里芋でもOKです。
  2. 柔らかく蒸しあがったらボールに移して塩を入れて里芋を潰します。
  3. 里芋が潰れたら片栗粉を入れて、小判型にまとめます。
  4. フライパンにバターを溶かし、小判型にした里芋を焦げ目がつくくらい両面焼きます。
  5. しょう油を少し垂らして出来上がりです。
★ワンポイント

塩分が気になる方はバターをやめて油で焼きましょう。
また、醤油をやめると減塩になります。 2の里芋の塩は必要なのであまり減らさない方が良いです。

≪栄養≫
カロリー 159kal
タンパク質 2.8g
食物繊維 3.7g
食塩 1.8g
地産地消レシピ

枝豆ぺペロンそうめん

栄養いっぱいの枝豆の皮から抽出した枝豆エキスを使用し、余すことなく枝豆を堪能できる。
SDGs12の「つくる責任 つかう責任」に位置づけられる「フードロス」の削減にも役立ちます。

材料

枝豆のエキス 100ml
  • 枝豆の皮
70g
200ml
ニンニク 1片
鷹の爪 5個
オリーブオイル 大1
鶏ガラスープの素 小1
塩・コショウ 適量
トマト 飾り用

レシピ発案:薬膳師 後藤香陽子先生(一般社団法人 ぎふおウチごはん協会)

作り方

  1. 枝豆の皮と水をブレンダーでかくはんする
  2. かくはんした、皮を絞り「枝豆エキス」を抽出する
  3. フライパンにオリーブオイルを引き、ニンニクと鷹の爪を炒める
  4. 香りがでてきたら、そうめんを炒め2のエキス、鶏ガラスープの素を加え炒める
  5. 塩コショウで味付けする

地産地消レシピ

にんじん・アスパラガス・豚ロースのミルフィーユ巻き

各務原のにんじんと羽島のアスパラガス、岐阜県産ポークを使ってぎふ野菜をまきまき。
各務原にんじんは血中コレステロール値を下げて血管の老化を予防してくれます。
羽島のアスパラガスは、新陳代謝を促し、疲労回復や利尿作用があります。
美肌にもうれしい効果!

材料

にんじん(スライス)         6枚
豚肉(ロース) 1枚
アスパラガス(スライス) 6枚
塩コショウ 少々
★おすすめのつけだれ  
ポン酢 お好み量
塩麹たれ (塩麹 大1 酢 大1 酒 大1 ごま油 小2)


レシピ発案:薬膳師 後藤香陽子先生(一般社団法人 ぎふおウチごはん協会)

作り方

  1. ピーラーで、にんじんとアスパラをスライスする。
  2. にんじん→豚肉→塩コショウ→アスパラガスの順に乗せ、これを2回繰り返し、端から巻いていく。
  3. 巻いた食材を耐熱用の皿にのせ、ふんわりラップをして600 wで2分温める。
  4. 粗熱がとれたら、1本を2等分に切り、盛り付ける。
地産地消レシピ

車麸かつ

清流根尾川から水つくられた本巣市産の車麸。ローカロリーでタンパク質豊富!
生活習慣病予防・メタボ対策に。
消化吸収がいいので油で揚げても胃腸に優しく、お肉の代わりとなる食べ応えで、お子様からお年寄りまで「カツ」を楽しんでいただけます。

材料

車麸 4枚
だし汁 200 ml
米粉 大6
パン粉 40 g
粉チーズ 大4
にんにく・しょうが 1片


レシピ発案:管理栄養士 馬場美穂 先生(一般社団法人 ぎふおウチごはん協会)

作り方

  1. 車麸はしょうがとにんにくのすりおろしを加えただし汁で戻し軽く水気を切り2等分する。パン粉に粉チーズを加えておく。
  2. ①の車麸に米粉をまぶし米粉と戻し汁を混ぜ合わせた中にくぐらせパン粉を付けたら170度で揚げる。
ページ先頭へ ページ先頭へ